THE EASY-GOING LIFE★★

THE EASY-GOING LIFE★★

気ままな穏やかな毎日を過ごしたいニャー子の日記

【スポンサーリンク】

マインドフルネス!瞑想の効果を調べてみました!

こんばんは。

ニャー子です★

 

近年、スポーツ選手や著名な経営者の方などが実践しているとして、注目を集めつようになって久しい『瞑想』

 

私も、禁煙やダイエット、日々をストレスフルに過ごしたいことなどを目的に色々と調べてみた結果、あらゆる物事に瞑想が効果的なのではないか?・・・と思うようになってきたので、瞑想について調べてみたいと思います♪

 

 

そもそも、瞑想とはなんなのか?

そもそも、瞑想というのは一体何なのでしょう?

 

瞑想というのは、祈りのためだったり、集中するためだったりとか、波動を高めるためだったり、宗教的なものから・・・、心身の静寂を取り戻そうと行うものなど、現代ではその目的は様々です。

 

世界的に活躍するトップアーティストや、アスリート、カリスマ的な有名経営者らが瞑想を取り入れて、その素晴らしさを伝えていたりもしますね。

 

『瞑想をする』という事によって、潜在意識とつながりやすくなり、インスピレーションやひらめきを得られる・直観力が優れるとも言われています。

 

瞑想を習慣にすることで、その時々、自分に必要な答えを見つけやすくなるのだそうです。

 

 

瞑想によって得られるといわれている様々な効果。

 

瞑想を日々続けていくことで得られるといわれている効果についてまとめてみました★

・集中力が高まる

・ストレスの緩和

・心配や不安に心が支配されなくなる

・記憶力の向上

・熟睡できるようになる

・脳がしっかり働くようになる

・直感が鋭くなる

・ひらめき、創造力の向上

・疲れがとれる

・リラックスできる、平常心が保てるようになる

・生産性があがる

・タイミングがよくなる

・人に優しくなり、人間関係が向上する

・老化防止

 

・・・老化防止については、・・・ホントかよ!?って感じですけど。笑

でも、コレだけの効果が本当に得られるなら嬉しいですよね。

 

 

瞑想のやりかた

 

瞑想は、お金も掛からないし、場所も限定されないので、その気さえあればすぐに始めることが出来るのもうれしいPOINTです。

 

■いつ瞑想するのか?■

行う時間帯なども特に指定はありません。

歩いているときでも、電車の中でも、休憩中でも、布団の中でも、いつでも気軽にチャレンジすることが出来ます。

ですが、朝おきてからの瞑想は、これから始まる1日の集中力を高めてくれるとして、推奨されているそうです。

 

 

■どのくらい瞑想するのか?■

初心者は、15分間を目安に瞑想を行うと良いそうです。

ですが、瞑想は挫折する人も多いといわれています。

サプリメントを飲むことすら、毎日続かなかったりしますもんね。笑

なので、15分間でハードルが高いという場合は、まずは気軽に1分~2分程度からはじめてみるのも良いそうです。

何よりも継続が大事!

 

 

■どんな体勢で瞑想するのか?■

座禅やヨガのように、正座やあぐらを想像する方も多いかとおもいますが、リラックスできるというのが大切なので、体勢に特に指定はないようです。

横になっていても立っていても歩いていてもOK!

楽な服装を心がけると良いそうです。

 

 

■どんな環境で瞑想するの?■

環境などにも特に指定はありませんが、ヒーリング音楽や、自然音、アロマやお香、キャンドルなどを利用して、よりリラックスできる雰囲気を作るのも良いそうです。

音声ガイドのはいった瞑想用のスマホアプリなんかを利用するのも、初心者には良さそうです。

 

 

■■瞑想のやりかた■■

1.優しく目を閉じます。

2.自然な呼吸でまずはリラックス。

3.リラックスできたと思ったら準備OK★

4.リラックスできたなぁ~と思ったら、徐々に、自分の呼吸に意識を向けていきます。

5.4秒掛けて鼻で吸って、8秒掛けて鼻で吐く。

6.吸った空気でお腹が膨れるのを感じる。

お腹いっぱいに空気が流れて、さらに胸にも空気がいっぱいになった事を感じたら、ゆっくりと鼻から息を吐いていく。

お腹をぺったんこにして、空気をしぼりだすように吐ききる。

7.呼吸から意識がズレても、焦らない・気にしない・ジャッジしないで、また再び呼吸することに意識をもどす。

 

・・・以上です!とっても簡単です♪

 

 

歩く瞑想もあるんです。

概念や理論はさほど差がないようですが、瞑想の方法にはたくさんあり、歩いて行う瞑想というのもあります。

 

2500年前、インドにてブッダが悟りを開いた瞑想法法で、『ヴィパッサナー瞑想』というものがあります。

ヴィパッサナーには、『観察する・観る』という意味があるそうです。

 

■■ヴィパッサナー瞑想・歩く瞑想のやり方■■

1.ますは自然に呼吸してリラックス。

2.心が充分にリラックスしたら始めます。

3.歩くときの足の動きや感覚に意識を集中して、『足が(地面から)離れた』『足が(前に)進んだ』『足が(地面に)ついた』

・・・・という感じで、動きや感覚を言語で実況するように意識します。

4.呼吸は意識しないで、歩く感覚などに意識を集中させます。

 

歩く瞑想もとっても簡単そうですね!

歩くだけでなく、日常の色んな動作に応用が出来ます。

 

 

音を観察する瞑想方法、『オープン・モニタリング』

 

呼吸や歩く動作など、1つの動作に集中する・フォーカスする瞑想法法を紹介しましたが、今度は『オープン・モニタリング』という瞑想方法を紹介します。

 

意識を1点にフォーカスするのではなく、今この瞬間の意識1つ1つを感じきる・・・という感じの瞑想方法。

 

例えば、夜、部屋を暗くして、布団に入って目をつむる。

『電車の音がする・・・』

『風の音がする・・・』

とか、

 

『肌がエアコンの風を感じている感覚』

『布団の肌触り』

 

『ふと思い出した今日の昼間の出来事』

 

などなど・・・

 

自分が『今何を感じているのか?今何が聞こえているのか?』

 

思ったこと、感じたことをジャッジ(善悪の判断)したり、追い払ったり掘り下げたりしないで、もう一人の自分になったような感覚で、自分の感覚や思考を客観的にただただ見ているような感じで行います。

 

この、オープンモニタリングという瞑想方法は、五感や直感を鍛えたり、創造力をアップさせるのに特に効果的なのだそうです。

 

 

瞑想について調べてみて、私なりの考察。

さて、今回は瞑想についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

 

私は、瞑想というのは、まさに『心と行動を一致させる』という作業なのかなぁと感じました。

 

当たり前のことのようですが、私は結構いつも、心と行動が一致していません。

何をしているときでも、考えてることって意外と飛び飛びで、仕事をしていても、ふと『あ、そういえば・・・』と意識が全然違うところにお散歩しに行ってしまったり・・・。笑

 

ダラダラしている罪悪感から、『こんなことしてて本当にダメだなぁ・・・。』なんて自分をジャッジすることも多く・・・。

 

 

そういう時間も悪くはありませんが、瞑想して『思考と動作』、『心と行動』を一致させる訓練・・・

つまりは、集中する・夢中になる、という訓練をすることで、思いっきり仕事をして、ダラダラするときも思いっきり心のそこからリラックスする・・・という感じで、その時その時を全力で楽しめるようになるのかもしれません。

 

何事も、思いっきり夢中になってやるほうが効率もいいし、クオリティも高いですもんね。

 

私も日々の中に瞑想を取り入れていきたいなぁと思いました★

 

 

 

【スポンサーリンク】