THE EASY-GOING LIFE★★

THE EASY-GOING LIFE★★

気ままな穏やかな毎日を過ごしたいニャー子の日記

【スポンサーリンク】

1日1食生活と、睡眠麻痺・金縛りのはなし。

こんばんは!

ニャー子です。

 

1日約1食の生活を始めて4ヶ月ほど経ちましたが、相変わらず、睡眠時間に特に変化は見られません。

 

というか、ここ1ヶ月殆ど働いていないので、夜寝たり、昼寝たり、夕方寝たりでかなり不規則なので、もう良くわからなくなってきています(⊃ω・`)

 

こちらは、寝息の可愛い白玉くんです♪

f:id:yu-ko-simpleandlovely:20150717001036j:plain

 

金縛り体質??

 

幼少期からの悩みなんですが、私は金縛りによくなります。

睡眠麻痺というヤツですね。

子どもの頃は、金縛りのときに怖い夢なんかをみて、金縛りになるのがとっても怖かったんですけど・・・

 

近年では、ただただ体が動かなくなるだけのことが多いので、さほど怖くはないのですが、睡眠麻痺の状態になると、1度完全に目を覚まさないと睡眠麻痺ループに入ってしまって辛いのです。

 

1度完全に目を覚ますために、起き上がったり電気をつけたりタバコを吸ったりするんですが、起きてしまうと今度は眠れなくなってしまったりして・・・、もう睡眠の質が最悪・・・。という感じです。

疲れも取れないし、次の日の仕事もきついし、本当にいいことないです。

 

2~3年前くらいまでは、殆ど毎日のように睡眠麻痺になってしまって、本当にきつかったのですが、私なりに色々と調べて、睡眠麻痺の原因を突き止めたのです。

 

睡眠麻痺って言うのは、もう全然霊的なものではなく、肉体疲労やストレスなど、様々な原因があります。

 

私の睡眠麻痺の原因として考えられることは、『食事の時間』でした。

 

食事の時間と睡眠麻痺の関係

 

睡眠麻痺の原因を色々調べてみると、寝る前に食事を取ることで睡眠麻痺の症状がでるという記述を見つけました。

 

私の場合はまさにコレ。

今まで夜勤の仕事ばかりしていた事もあって、仕事から帰ってきたら割と早めに就寝して、起きてから仕事に行くまでに4~5時間家でゆっくりできるような生活スタイルでした。

でも、仕事が終わって寝るまでに食事をしていたので、食事が終わってから寝るまでの時間がとても短かったんです。

太る原因でもありますね。笑

 

食後から寝るまでの時間を長くとるようにすると、睡眠麻痺になることが殆どなくなりました。

まぁ、それでも時々ありますが。

 

ここ1年ちょっと、殆ど働いていないこともあって、食事をしてから寝るまでの時間を充分に確保できたので、最近はもう全然睡眠麻痺にならないくらいなんですが・・・

 

そろそろ仕事も決まりそうなので、生活のリズムについて考える必要がありそう・・・。

 

 

睡眠麻痺を回避することを考えると、仕事の休憩中に1日1食をもっていくのがベストなんですが・・・

 

料理が下手なせいもあってか、お弁当が嫌いなんですよね。

かといってコンビニで買って食事するのも好きじゃないし。

1日1食なら、やっぱり作りたての食事を家で食べたいと思ってしまいます。

野菜が大好きなので、お弁当には向かない食材も夜なら食べられるし。

 

とはいえ、フルタイムで働いて、通勤時間もあって・・・だと、食事をしてから寝るまでの時間を充分に摂るのが難しいですよね。

朝ぎりぎりに起きるのも嫌だし・・・。

 

私は、寝る前に食べると睡眠麻痺になりやすいというのはわかったけど、寝る前に食べたって寝られる人もいるんですよね。。。

それについてはどういう事なんだろう・・・。笑

羨ましいです。。

【スポンサーリンク】